パチスロ「モンスターハンター狂竜戦線」試打・実践動画まとめ!

スポンサードリンク

2017年1月導入のエンターライズの台パチスロ『モンスターハンター狂竜戦線』。

今回はおすすめの試打動画、実践動画をまとめてみました!

スポンサードリンク




パチスロ『モンスターハンター狂竜戦線』試打・実践動画紹介の注目ポイント!

monhan-1

大人気ゲーム『モンスターハンター』とのタイアップ機としてホールに導入された『モンスターハンター月下雷鳴』から2年と10カ月。

A+ART機という新基準仕様への進化を遂げてホールに登場するのが『モンスターハンター狂竜戦線』です。

スペックをおさらいしながら、実践動画の注目ポイントを見ていこうと思います。

 

【ボーナス「クエストボーナス」】

・「赤7同色」「青7同色」「青7/青7/赤7」の3種類で、71枚を超える払い出しで終了(平均獲得40枚)

・設定1~5:1/140.0、設定6:1/129.3で成立

 

通常時のボーナスはもちろん、

ART中では前半部分でボーナスを引くと、狩球抽選が受けられるゲーム数が上乗せされ、

後半部分では討伐確定と、いいこと尽くし。

実践動画でも注目すべきポイントですね!

 

【ART「狩猟戦線」】

・1Gあたりの純増枚数は約2.0枚

・ART初当り当選率は、設定1:1/443.8~設定6:1/203.8

・20G~100G+α継続する「ストックパート」とART継続をかけて大型モンスターを討伐する「討伐パート」の2パートで構成

ART中は「ストックパート」で狩珠を獲得し、「討伐パート」でそれを消費しながらART継続を目指すといったゲーム性ですね。

 

ART中の注目ポイントとしては、

何といっても討伐後の「剝ぎ取りチャンス」でしょう!

剝ぎ取りチャンスでのレア役⇒もう1回剝ぎ取り!の流れは何度でも見たくなってしまいます!

また前半「ストックパート」での狩球の大量獲得や、赤・紫・レインボーなどの討伐率の高い色の球の獲得も見ものですね!

また、今作でもエンタライオンなどのプレミア演出もありますのでそこにも注目です!

 

さて、注目ポイントを押さえたところで、『モンスターハンター狂竜戦線』の試打・実践動画を見てみましょう(^^♪

スポンサードリンク



 

パチスロ『モンスターハンター狂竜戦線』おすすめ試打動画・実践動画まとめ!

おすすめの動画を見つけ次第追記していきます!

 

連チャン!エンタライオン出現!

主にART中の実践動画になりますが、

うらやましいほど狩球が溜まっているのと、エンタライオン出現からのボーナスがアツくなる動画ですね!

特に5:20-の剥ぎ取りチャンスは必見です!

 

夢の対決!?モンハン3作対決!

こちらは初代モンスターハンター、モンハン月下雷鳴、モンハン狂竜戦線の3作品による

夢の対決になります!

まあホール側の実践動画なので、全6、もしくは

最新の狂竜戦線だけ6にしておいてアピールしている可能性がありますが・・・

部分編集の動画とはいえ、ちょっと狂竜戦線だけイケイケすぎませんかねぇ(;^ω^)

レインボーは当たり前、次回予告もついてます(笑)

こんなの見せられたら打ちたくなってしまいますよ!

 

番外編:初心者向け!超わかりやすい解説動画

前編

後編

エンターライズ公式チャンネルで公開されている解説動画になります。

さすがに公式だけあって、ゲームフローや打ち方まで、かなりわかりやすく解説されていますね!

ある程度システムを把握してから打ちたいという人はおススメの動画です。

 

他にもこの動画面白かったよ!というおススメがあれば、

コメント欄までお願いします(^^♪

 

↓楽曲・歌のまとめはこちら!



スポンサードリンク

パチンコ・パチスロ・CM等が好きな方々の居心地の良い交流サイトを目指しています。
パチ曲やCM動画・楽曲の情報や感想など、コメントにどしどし書き込んでいただけると幸いです。コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。

※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性がある点はご了承くださいm(__)m

コメントを残す