パチンコ「CRおそ松さん~THE・DRUM~」音楽・楽曲・歌一覧!

スポンサードリンク

2017年3月導入のDAIICHIの台パチンコ「CRおそ松さん~THE・DRUM~」。

音楽・楽曲・歌はどんなものが収録されているのか、調べてみました(^^♪

 

スポンサードリンク




パチンコ「CRおそ松さん~THE・DRUM~」って? -音楽・楽曲・歌紹介の前に-

 

皆さまもご存知「おそ松さん」とは、赤塚不二夫誕生80周年を記念して2015年10月から2016年3月まで放送されたテレビアニメで、漫画「おそ松くん」を原作としたテレビアニメとしては第3作にあたるものになります。

いやぁしかし、20歳を過ぎても定職に就かず、親の脛をかじるいわゆるニートとは……

ご両親も大変でございますなぁ。。。と、いつになく現実的な感想を持ってしまった私。笑

ですが、だからこそ表現できる彼らの日常はとても面白く、ダメダメな彼らですら、なんだか元気をもらえるような存在に見えてしまうところもありますよね!笑

 

そしてこの度は、そんな「おそ松さん」がドラム式のパチンコ機となって、2017年3月6日よりホールに導入開始されるということで、打ってみたいな……と思われている方も多いのではないでしょうか?

ですので、こちらではスペック確認をしたいと思います。

 

まずは当機種。大当り確率の違う2種類のスペックが存在します。

ひとつはライトミドルタイプ。

通常時の大当り確率は1/199.8。

16Rおよび4Rの大当り当選で50回転のSTに突入し、ST中の大当り(1/54.21)を重ねることで出玉を獲得するシンプルなゲーム性です。

 

もうひとつは甘デジタイプ。

通常時の大当り確率は1/99.9。

こちらも16Rおよび4Rの大当り当選でSTに突入するのですが、STは8回転のみとなり、以降は32回転or72回転の時短に突入します。

ST中の大当り(1/15)、または時短中の大当り(1/99.9)を重ねることで出玉を獲得するゲーム性となっています。

 

両タイプとも、当たれば100%STに突入するのは嬉しいですよね!

 

続いては注目演出をご紹介します。

【ドラムブレイク】

ドラム回転時に汽笛の音が鳴り響けばドラムブレイク予告発生の合図です。

3つのリールが上下に分かれ大きく可動します。

 

【おそ松ビジョン】

ドラムブレイクと同時に発生する演出で、段階が進むほど期待度が高くなります。

3段階目「赤おそ松ビジョン」なら激アツ!4段階目なら大当りはもうすぐそこ!といった感じになっています。

 

【7セグディスプレイ】

ドラムの右下にひっそりと存在する7セグディスプレイに「SHEEE」の文字が出現すると、アツい展開に発展します。

 

私は、こうした演出の強弱が分かりやすい機種はとても好きですね。

発生時は、ハンドルから手を放し、展開を見守りましょう!

 

さて、今回はそんな「CRおそ松さん~THE・DRUM~」の収録曲をまとめてみました(^^♪

 

 

スポンサードリンク
 

パチンコ「CRおそ松さん~THE・DRUM~」音楽・楽曲・歌一覧!

ただいま調査中!判明し次第追記していきます(^^♪

 

全力バタンキュー

歌手:A応P

こちらはアニメ「おそ松さん」第2クールのオープニングを飾っていた楽曲です。

「おそ松さん」の世界観にとてもマッチした良い楽曲ですね♪

 

ちなみになんですが……

私がこの可愛らしい歌声に鼻息を荒くしてしまいそうなことは、どうかここだけの話にしておいてください。笑

 

はなまるぴっぴはよいこだけ

歌手:A応P

こちらも同様にアニメ「おそ松さん」のオープニングを飾っていましたよね!

第1クール、つまりはアニメ放送開始時に流れていた楽曲となりますね♪

こちらも「おそ松さん」の世界観にマッチした楽曲であるということは言うまでもないことですよね!

 

曲の時間は3分少々ともともと短めではあるのですが、それでも「3分ってこんなあっという間だったっけ?」と思ってしまいますし、その中でもどこか耳に残ってしまうような楽曲ですので、個人的にはこっちの方が好きですね♪

 

 

 

その他調査中!

「この曲もあったよー」という情報があればぜひコメント欄にお願いします(^^♪



スポンサードリンク

パチンコ・パチスロ・CM等が好きな方々の居心地の良い交流サイトを目指しています。
パチ曲やCM動画・楽曲の情報や感想など、コメントにどしどし書き込んでいただけると幸いです。コメントは承認制なので反映されるまでおまちください。

※人を不快にさせたり、言葉遣いがきついコメントは編集または削除する可能性がある点はご了承くださいm(__)m

コメントを残す